TOP>コンテンツ>知的財産とは?

知的財産とは?

知的財産とは?

知的財産権は、発明・創作によって生み出されたアイデアや技術を守り、正しく運用するために必要な権利です。
こちらでは知的財産についてご説明します。

知的財産権は何のためにある?

知的財産権は何のためにある?

知的財産権とは、人が考えて作ったものを無形の財産とみなし、一定の期間保護する権利のことです。
私たちの生活を便利にしてくれる本・音楽・コンピューター・携帯電話などは、全て人間の知恵から生まれた知的財産です。お金と時間をかけて生み出したアイデアや技術を誰かに勝手に使用されると、発明者の権利が失われてしまいます。そのような事態を避けるために設けられたルールが、知的財産権なのです。

知的財産権の種類

日本の知的財産権には、産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)と著作権、回路配置利用権などの様々な権利があります。

知的財産権の種類

特許権

最も有名な知的財産権です。特許として出願できるのは、社会的に有用な新しい技術です。


実用新案権

企業だけでなく、個人が生み出すアイデアを保護する目的もあります。
そのため、個人でも比較的簡単に出願・取得できる権利です。

商標権

産業によって生産される商品名・ブランドの出所を明らかにするものです。
似たような商品の中から、消費者が選択を間違わないようにする役割もあります。

意匠権・著作権

意匠権

デザインを保護する権利です。工業的に量産できる「インダストリアルデザイン」が保護されます。
デザインを模倣したコピー商品の生産を防ぐ役割も担います。

著作権

書籍・音楽・映画など芸術的な分野の知的財産が保護されます。
テレビゲームやコンピュータープログラムなども含まれます。

その他の権利

その他の権利

回路配置利用や育成者権、商品表示・商品形態・営業秘密、商号などがあります。

知的財産の出願・活用をお考えなら弊社にご相談ください。弊社では、特許出願・ライセンス取引などの知財活用コンサルティングを行っております。皆様の大切な権利が新たなビジネスにつながるよう、支援させていただきます。明確なライセンス費用でサービスを提供いたしますので、どうぞご用命ください。