TOP>コンテンツ>ブランディングに欠かせない商標権

ブランディングに欠かせない商標権

ブランディングに欠かせない商標権

自社の商品・サービスについて消費者の購買意欲を高め、売り上げを伸ばすためには、ブランド戦略が欠かせません。
ブランディングにおいては、商標権を含めた知財経営の視点が重要です。

ブランドは知的財産である

ブランドは知的財産である

企業のブランドは、事業活動の中核を占める知的財産であるとみなされます。
そして「商標」は、自社のブランドイメージを効果的に伝えるツールとして、ますます重要になっています。
商標権は、特許権や著作権よりは知名度が低いものの、その力は特許権を上回ります。例えば、テレビや雑誌で見かけた新商品が欲しいと思ったとき、真っ先に覚えるのが「商品名」だと思います。このように商標は、消費者が商品・サービスを選ぶための手助けとなります。商品・サービスを提供する企業にとっても、商標は強力なアピール手段となるのです。
商標権の有効期限は10年ですが、更新回数に制限がないため、永久的に権利を持ち続けることができます。特許権の有効期限である20年よりも長く、知的財産権の中でも強い力があるといえる でしょう。

商標権を活用するポイント

商標がブランドイメージを伝えるという役割を十分に発揮するためには、いくつかの条件があります。ブランド名を見てもどの企業のものかが識別できない場合は、商標が適切な役割を果たしていないことになります。商標でブランドの価値を高めるには、次のような点に気を配りましょう。

商標の採択・出願

商標の採択・出願

自社が開発した製品や技術、商品などが知的財産権という形になれば、競合他社からの参入を阻止して、業界内で優位に立つことができます。例えば、ある製品が人気になると、その製品の競合品や模倣品が市場に出回り、厳しい価格競争が始まります。しかし、特許権などで保護されれば、後から登場した競合品や模倣品は知的財産権の侵害と見なされ、結果的に市場でのシェアが伸ばせます。

権利取得後の管理

権利取得後の管理

技術や商品が知的財産権を取得するということは、誰から見ても優れたものと認められたことになります。そのため、その技術力や商品を対外的にアピールすることができます。ホームページに特 許権などがあることを表示すれば、信頼度も高まり、銀行などから融資も受けやすくなります。融資や出資が受けやすくなるのは、中小企業にとっては大きなメリットになるでしょう。

弊社ではライセンス契約時の仲介による、知財経営の支援を行っております。弊社が仲介を行うことで、取引時の煩わしい交渉が不要となります。実用新案権・意匠権の出願もサポートいたします。
知財経営で新たなビジネスを開拓するなら、弊社の仲介サービスをご検討ください。