TOP>コンテンツ>知的財産の重要性、商品化権とは

知的財産の重要性、商品化権とは

知的財産の重要性

知的財産権は企業が開発した技術やアイデアを守る為の権利です。グローバル化が進む今、知的経営権は日本の企業が海外で利益を作りだす為の武器といえるのではないでしょうか。こちらでは知的財産の出願の重要性についてご説明します。

日本には世界に誇る技術・知識がある

日本には世界に誇る技術・知識がある

日本の技術は世界でもトップレベルともいわれ、各分野で日本の技術・商品は海外からも注目を集めています。
しかし、それと同時に技術の盗用やコピー品が出回ったりなど様々な問題が多発しているのです。
日本国内だけではなく、海外でも日本のコピー商品が横行していることは問題になっています。

日本企業がすべきこと

日本企業がすべきこと

今度、利益拡大の為にさらなる事業展開を検討している企業様は多いことでしょう。海外進出や市場の拡大を計画しているのなら、特許や実用新案権、商標権など知的財産権の出願は早めにすることをおすすめします。なぜなら、知的財産権の取得は早い者勝ちだからです。
「手続きが煩雑だから後で出願しよう」「他社の商品を自分の商品として出願しないだろう」と考えていると、技術や商品が盗用され、出願される可能性があります。明らかに盗用だと分かる場合は、訴えることができますが莫大な費用がかかります。訴える費用がなければ、盗用されても泣き寝入りするしかありません。盗用する側はどんどんと巧妙な手口で大切な技術を盗み、我が物顔で活用します。
このような問題を防ぎ、相手を牽制する為にも知的財産権の出願が必要になってくるのです。

特許等の知的財産権の出願でお困りなら、弊社にお任せください。弊社ではや実用新案権、意匠権、商標権、特許などの出願のサポートを行なっています。また、知的財産の売買やライセンス取引のサポートもしております。皆様が知的財産を活用して、新しいビジネスを展開する際のお役にたてば幸いです。ご不明点などがありましたら、お気軽にご質問ください。皆様のご利用、お問い合わせをお待ちしております。