TOP>コンテンツ>知的財産の保護と活用のメリット

知的財産の保護と活用のメリット

知的財産の保護と活用のメリットとは

デザインや営業ノウハウ、アイデアなど、形あるものからないものまで、様々なものが知的財産として保護されていますが、知的財産を保護・活用することで、下記のメリットが得られます。

市場シェアをのばせる

市場シェアをのばせる

自社が開発した製品や技術、商品などが知的財産権という形になれば、競合他社からの参入を阻止して、業界内で優位に立つことができます。例えば、ある製品が人気になると、その製品の競合品や模倣品が市場に出回り、厳しい価格競争が始まります。しかし、特許権などで保護されれば、後から登場した競合品や模倣品は知的財産権の侵害と見なされ、結果的に市場でのシェアが伸ばせます。

信頼度アップにつながる

信頼度アップにつながる

技術や商品が知的財産権を取得するということは、誰から見ても優れたものと認められたことになります。そのため、その技術力や商品を対外的にアピールすることができます。ホームページに特 許権などがあることを表示すれば、信頼度も高まり、銀行などから融資も受けやすくなります。融資や出資が受けやすくなるのは、中小企業にとっては大きなメリットになるでしょう。

収益の拡大につながる

収益の拡大につながる

自分が所有している知的財産を他人に使ってもらう契約をライセンス契約といいますが、ライセンス契約を結ぶことでロイヤリティが得られます。せっかく特許権などを持っていても、自分では商品化できなかったり販売できずに活かしきれないこともありますが、他人にライセンスを与えるとで実現しやすくなり、収益確保につながります。企業の場合、開発部門を閉鎖しても、他社に知的財産権を使ってもらい開発を進めてくれれば、利益を得ることができます。

弊社では、ライセンサー(特許権などを所有している人)とライセンシー(特許権などを使いたい人)の間に立ち、 知的財産の売買取引およびライセンス取引をサポートしております。通常実施権を許諾していただいた特許権は、弊社がライセンシーに通常実施権を許諾する形となり、ライセンシーの方は購入したいまたは許諾を受けたい実施権が あれば会員登録後、弊社のサイトからオンライン申し込みができます。また、売買取引やライセンス取引だけではな く特許申請などのサポートも行っております。知的財産権を売買してビジネスに活用したい、取得申請をしたいという方は、ぜひご相談ください。